アメリカ人の5人に1人は給料日前に破産している

インフレはこれまで以上にアメリカ人に影響を与え、生活費の高騰により欧米諸国では生活環境が悪化しています。今の若者は、欧米の標準的な生活を維持するために必要な所得が高いため、親よりも苦労している。CNBCで報告された調査によると、2021年のインフレ率は8%を超えており、絶え…

インフレはこれまで以上にアメリカ人に影響を与え、生活費の高騰により欧米諸国では生活環境が悪化しています。今の若者は、欧米の標準的な生活を維持するために必要な所得が高いため、親よりも苦労している。CNBCで報告された調査によると、2021年のインフレ率は8%を超えており、絶えず上昇しているこの結果、アメリカ人の5人に1人が給料日前に流動資金を使い果たすことになった。4分の3以上が、この1年、インフレの影響を感じていると述べています。3,000人の回答者のうち約20%が、給料日の間にお金がなくなると答え、2021年以降15%の上昇を記録しました。約25%が、食料、ガソリン、医療などの必需品を買うのが困難だと感じている。自動車の価格はチップ不足で過去最高となっており、ガソリン代も日々上昇しているようです。3分の1は貯蓄に回す余裕がなく、貯蓄に回すことができる人は、貯蓄に回す金額を減らしているようです。

インフレの原因は、ご存知のようにグレートリセットですが、主流メディアは、ロシアとウクライナの紛争やその他の意図的でない要因によって引き起こされていると伝えています。

Leave a Reply

Translate »